こんばんは、
生きづらさを解消し、
人生を0リセットする
セラピスト三田純です。

今日も暑かったー!

さて、ここからは、
昨日の続きです。

 

🍉🍉🍉🍉🍉

 

娘は、チラチラ私を見て
にやついてきました。

私も目を合わせて
にやついていました。

ラーメン屋の駐車場に降りたら、
自然に娘に歩みより、

「つらい~!ホントはすっごく嫌なんだけど~、助けて~。」
と照れ臭さですこしはにかみながら、
言いました。

娘は、
「わかった、私がずっと隣にいてあげるからね!」と、即答して
手をつないでくれました。

安心感が胸をあつくしました。

私は何年もずっと、
彼女が辛いと発信してきただろうに、
深い部分で無視していたと思います。


そして、
とうとう登校拒否という形になり、
そこでようやく、
私は路頭に迷い、
悩み、
始めて人に寄りそうという人間関係、
共感するという関わり方というものがあり、
それは大切な事、
という事を改めて認識したのです。

この数年、
悩み苦しみだしてからずっと、
共感し関わるということがなかった、
出来なかった、
できていなかった、
と深く深く腑におちました。

そうだ!
当然、自分が自分に対して
あるがままを許し
共感できていないのだから、
苦しいはずだ!
とも感じました。

では、もう一度。


でも、難しくて、
人に寄りそうとか共感するって、
どういう事なんだろう?
というところからのスタートでした。

それでも、まだ、わかりません。
まだ、アタマで考える方が楽だ 
という錯覚があるようで、
考えて、
理論的にまとめようとしてるぞ!

と、気づくとまた混乱して、
その混乱に苦しみだします。

でも、
前のカウンセリングでも 
心の経過報告したように、
この数週間、
少しだけ、
子供達と話す時、
共感出来た時、
スムーズな共有空間の心地よさ
を体感出来た時がありました。

本当にたった数週間前に感じた、 
この心地よい共感空間を、
私が、
「ホントはつらいんだけど~」
と言ったら、
彼女は
「大丈夫、私が隣にいてあげるからね。」
と手を繋ぎ、
即座に共感して、
大丈夫だよ、
と安心感まで私に返して与えてくれました。

何年も彼女に寄り添って来なかった私に、
あっという間に、こんなに、
すぐにかえしてくれるなんて、
たまらず込み上げました。

お店のテーブル席は満席で、
カウンター席という横並び環境。
これは、
今の私にできる無理のない環境でした。

夫婦の会話はありませんでした。
会話をする勇気の出ない自分に
駄目だしする自分に気づいた後に、 
エールをおくっていました。 

「それでも、ここまで、よく頑張った、
がんばった。」

早急なこの環境のチャンスに
私は正直驚いていました。

毎回、その時々に、心に響く言葉、
声をかけてくださる三田さんの言葉が、
次のカウンセリングまでに、
大きな気づきと、
大きな空間が広がるパワーとなっています。

本当にありがとうございます。

今日の朝、
ランニングしながら、

「言葉より行動を見てみて」
の言葉を思いだしながら、
また、心が救われる思いで
号泣してしまいました。

私が関わってきたすべての人に対して、
気づきがあるような感覚で、
この言葉を受け取っています。

ありがとうございます。感謝申し上げます。
🎵🎵🎵

ここまで💞💞💞

ご自分の心に素直になったとき、
大きな気づきが、
何度も起こっていますね。

この方の様に、
苦しみを抱えながらも、
自分と向き合い、
変わることを決意した時、
私たちは、
目の前に用意されたチャンスを
掴むことが出来る様になります。

私たちの前には、
この小さなチャンスが
何度も何度も用意されています。

多くの人は、
このチャンスに気がつきません。

そして、
これを、掴むことが出来る人と、
掴む勇気が出せない人がいます。

自分の人生を取り戻すことが出来るか、
諦めるのか、

どうか、目の前にあるチャンスに気付き、
勇気を出して下さい。

でも、
心を閉ざし、
感じることをしないで
頑張ってきた人にとって、
心の扉を開くことは、
本当に怖いことですね。

私も、
柔らかい心が血を流すのが、
怖くてこわくて、
心の扉を開けられず、
長い間この扉の前で
手をこまねいて佇んできた人です。

でも、
血を流していた心に気づき、
ケアし、保護して、
寄り添ってあげると、
自然と心も強くなってきます。

というか、
心をケアし始めると、
こんなに傷んでいたのか〜、
と、気が付いてビックリします。

そして、涙が沢山溢れます。
ご自分に本当の意味で寄り添ってあげた
瞬間です。

行動の後に、
気づきがきますね。
(だから、考え過ぎずに行動してみて)

そして、
癒しが進むに従って、
心が健康を取り戻します。

まずは健康な心。

強い心とは、
健康な心がより弾力性を帯び、 
広く対応できるようになった
ときの状態ですね。

そのときは、
少々のことでは、傷みません。
それどころか、
深い悲しみや痛みを体験し、
乗り越えた心は、
弱さも、暗さもジャッジせず
ありのままに受け入れる
優しい愛に満たされています。

悲しみや痛みを抱え、
我慢したままで、
強くなることはできないんですね。

どうか我慢せず、
ご自分の弱さもありのままに
受け入れて下さい。

降参して、
全てを受け入れたところから、
本当のあなたに巡り会えるのです。